郷土の歴史資料

郷土の歴史

 私たちのまち・豊橋市は、愛知県の東端に位置しています。豊橋平野を中心に、市域の西側を大河・豊川が貫流し、東側と北側は赤石山系の山地、南側は三河湾と太平洋に囲まれた自然豊かなところです。
また一方で、農業や工業などさまざまな産業を基盤に、愛知県第4位の人口を有する中核都市として発展してきました。
 さてそんな豊橋市ですが、意外に知られていないことが多いようです。ここでは、時代を追って豊橋のまちの成り立ちをご紹介しましょう。

旧石器時代

はるか昔、10万年の人類・牛川人の話です。

アイコン旧石器時代の歴史資料を見る

縄文時代

東三河最古の縄文遺跡・嵩山蛇穴遺跡や、海浜部の貝塚群に当時の暮らしをかいま見ます。

アイコン縄文時代の歴史資料を見る

弥生時代

米作りが始まり、やがて小さなクニが東三河の各地に生まれます。

アイコン弥生時代の歴史資料を見る

古墳時代

愛知県最多の古墳数を誇る豊橋市。豊かな古墳文化が芽生えました。

アイコン古墳時代の歴史資料を見る

古代から中世

古代寺院の市道遺跡や、東三河での焼きもの作りの歴史をたどります。

アイコン古代から中世の歴史資料を見る

近世

東海道53次の宿場町吉田・二川。吉田は城下町でもありました。

アイコン近世の歴史資料を見る

明治時代から戦前

現在の豊橋の礎とも言える、産業・文化の成り立ちをたどります。

アイコン明治時代から戦前の歴史資料を見る

戦後から現代

戦後いかにして豊橋が復興したのか、そして新たに栄える豊橋港を取り上げます。

アイコン戦後から現代の歴史資料を見る

この記事は2014年03月05日に更新されました。