常設展

豊橋市美術博物館の常設展示室では収蔵資料を部屋ごとにテーマ展示しております。
考古、歴史、美術などの資料を通して古代から現代に至る豊橋の歴史と文化を幅広くご紹介いたします。

※常設展は会期、内容を変更する場合があります。

1階特別展示室(郷土の日本画)のご案内

第1期 平成29年4月4日(火)
~平成29年5月28日(日)
 中村正義・星野眞吾・平川敏夫・大森運夫・高畑郁子
第2期 平成29年5月31日(水)
~ 平成29年9月17日(日)
星野眞吾・高畑郁子
第3期 平成29年11月21日(火)
~ 平成30年2月4日(日)
中村正義・星野眞吾・平川敏夫・大森運夫・高畑郁子 

 

2階常設展示室のご案内

第1期常設展示・新収蔵品展:4月15日(土)~6月4日(日)<入場無料>

第1期平成29年4月15日(土)
~平成29年6月4日(日)
考古・美術
第2期平成29年6月13日(火)
~平成29年8月20日(日)
考古・歴史・陶磁器・民俗・美術
 
第3期平成29年11月3日(金・祝)
~ 平成30年1月21日(日)

考古・民俗
※歴史・陶磁器・美術は12月12日(火)より

第4期平成30年3月13日(火)
~ 平成30年5月6日(日)
考古・歴史・陶磁器・民俗・美術

シンボル展示(美術資料)「松井守男」

松井守男の渡仏50年を記念し、所蔵作品より《もう一つの自然》《レジオン・ドヌール》をご紹介いたします。

第1展示室(考古資料)「遺跡が語る豊橋の歴史」

豊橋周辺で発掘された縄文・弥生から奈良・平安時代に至る出土品を紹介します。

第2展示室(歴史資料)「新収蔵品展」

稲田文笠 《鶉朝顔図》(部分) 江戸時代

稲田文笠
《鶉朝顔図》(部分)
江戸時代

平成28年度に収蔵した歴史資料を初公開いたします。
吉田藩士のご子孫から提供された古文書を中心に、郷土画人の絵画など近世資料をご紹介します。

第3展示室(歴史資料)「新収蔵品展」

昭和40~50年代の大相撲豊橋巡業宿泊力士名簿など、近代の郷土資料をご紹介します。

第4展示室(美術資料)「新収蔵品展」

岡村桂三郎《獄龍》2011年ほか

岡村桂三郎《獄龍》2011年ほか

平成28年度に収蔵した美術資料を展示しています。昨年度開催した「NIHON画~新たな地平を求めて」展出品作より、岩田重義、山本直彰、岡村桂三郎、八木幾朗の作品をあらためてご紹介するほか、速水史朗の立体作品をあわせてご覧ください。

第5展示室(美術資料)「新収蔵品展」

大森運夫《仲秋》2015年

大森運夫《仲秋》2015年

昨年度受贈した野田弘志の高校生時代の油彩画をはじめ、朝倉摂のスケッチと日本画、大森運夫の最後の創画会出品作品をご紹介します。

この記事は2017年04月20日に更新されました。