歩兵第十八聯隊(豊橋公園)

 歩兵第十八聯隊は、明治17年(1884)6月に名古屋で新設され、吉田城址に兵舎の建設がすすめられ、明治18年(1885)4月には大半が出来上がり、20年までには移転が完了しました。現在の豊橋公園、豊城中学校、豊橋市役所(吉田城址)あたりがその場所になります。戦後施設の多くは取り壊されましたが、戦後には残った兵舎を使い豊橋市役所が開設されました。現在でも豊橋公園の中には、門や哨舎、弾薬庫、灰捨場、碑などが残され、往時を偲ぶことができます。 豊橋公園(18聯隊)
    1. 正門と哨舎
    2. 西門門柱
    3. 弾薬庫
    4. 馬頭観世音
    5. 記念樹碑
    6. 灰捨場
    7. 貯水槽
    8. 弥健神社
    9. 門柱
    10. 聯隊記念碑
    11. 歩兵第二百二十九聯隊記念碑
    12. 歩兵第十八聯隊之址碑
    13. 此所に歩兵第百十八聯隊ありき碑
    14. 戦災復興碑

この記事は2014年05月08日に更新されました。