北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックの香水瓶
ーアール・デコ、香りと装いの美ー

会期 2018年9月22日(土)~11月18日(日)
休館日 月曜日 ※9/24・10/8は開館し9/25・10/9は休館。
開館時間 9:00~17:00
※初日は正午開館。
観覧料

一般・大学生/1000(800)円 小・中・高生/400(300)円
 ※( )内は前売または20名以上の団体料金。

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者は無料。
  • 「ほの国こどもパスポート」(東三河地域在住または在学者対象)をお持ちの小・中学生は無料。
  • 豊橋市在住の70歳以上の方は割引料金(400円)でご観覧いただけます。
 

主催:豊橋市美術博物館、中日新聞社
特別協力:公益財団法人北澤美術館
協力:神戸ファッション美術館、高砂香料工業株式会社
企画協力:imura art planning

 

①香水瓶≪彼女らの魂≫ドルセー社 1914年

 20世紀初め、香水が一般の人々に広がるにつれ、人々は競って美しいデザインの香水瓶を求めるようになりました。宝飾作家として活躍していたフランスのルネ・ラリック(1860-1945)は、香水商フランソワ・コティのためにガラス製の香水瓶の制作を始めました。それらの香水瓶は繊細で優美なデザインにより、瞬く間に人気を集めました。 同じころ、ファッションにも大きな変化がありました。従来のボリュームを強調したシルエットから、より活動的で、体に沿ったデザインに変化しました。
 本展では、北澤美術館の所蔵品から、ラリックが手掛けた香水瓶を中心に、アクセサリーやパヒューム・ランプ、化粧品容器などを紹介します。あわせて神戸ファッション美術館の協力により、アール・デコの装いを代表するドレスやファッション・プレート(ファッション誌を飾った手彩色の版画)を展示します。

 

             

関連する催し

記念講演会

「ルネ・ラリックと香りの世界」

②香水瓶《真夜中》ウォルト社 1924年以降

10/6(土)14:00~                   
講師:池田まゆみ氏
(北澤美術館主席学芸員、本展監修者)
会場:1階講義室(聴講無料)     
定員:80名(当日先着順) 


                      

 

香りについての催し

香水講座「香水瓶の中の世界」

③電気式常夜灯 パヒューム・ランプ《バラ》1921年

10/7(日)14:00~                    
講 師 : 岡島佐知子氏(調香師)                             
会 場 : 1階講義室(聴講無料)
定 員 : 80名(9/7より電話受付、申込み順)

香り体験コーナー

会期中はクレオパトラ、マリー・アントワネットなど歴史上の人物を
イメージした香りをお楽しみいただけます。
◆香りについての催しは高砂香料工業株式会社にご協力いただきました。

ギャラリートーク

④香水瓶《二つのアネモネと花瓶》1935年

当館学芸員が展示解説します。
10/18(木)、11/3(土)14:00から
参加費:無料(要観覧料、申込不要)

                  






  



※①~④北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎

ミュージアム・コンサート

11/10(土)11:00~                      
共 催 : 豊橋市美術博物館友の会 
演 奏 : 豊橋交響楽団
会 場 : 北庭エリア(雨天時は玄関ホール
             申込み不要、参加無料)

左:⑤ポール・ポワレ《イヴニング・ドレス》1920年頃  右:⑥ジャンヌ・ランヴァン≪イヴニング・ドレス≫1936年 ※⑤⑥神戸ファッション美術館蔵

                                                                                                                                                  

関連企画                     

ルネ・ラリック 特設コーナー
ルネ・ラリックに関する書籍などを紹介します。
9/22(土)~11/18(日)
場所:豊橋市中央図書館
(豊橋市羽根井町48 TEL: 0532-31-3131)

この記事は2018年09月07日に更新されました。