平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展
国立国際美術館コレクション 美術のみかた 自由自在

会期 2019年2月16日(土)~3月24日(日)
休館日 月曜日 
開館時間 9:00~17:00
※初日は正午開館。
観覧料

一般・大学生/1000(800)円 小・中・高生/400(300)円
 ※( )内は前売りまたは20名以上の団体料金。前売り券は豊橋市美術博物館、豊橋市二川宿本陣資料館、豊橋役所じょうほうひろば、チケットぴあ、セブンイレブンで販売。(Pコード769-056)

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者は無料。
  • 「ほの国こどもパスポート」(東三河地域在住または在学者対象)をお持ちの小・中学生は無料。
  • 「豊橋市敬老バッジ・シルバー優待カード」をお持ちの方は割引料金(400円)。
 

主催:豊橋市美術博物館・国立国際美術館・中日新聞
共同企画:国立国際美術館・豊橋市美術博物館・福岡県立美術館

内容

ゲルハルト・リヒター《フィレンツェ》2000年 © Gerhard Richter, courtesy of WAKO WORKS OF ART

 1977年に開館した国立国際美術館は、現代美術を中心とする優れたコレクションで知られています。2004年に大阪の万博記念公園から現在の中之島に移転し、都市空間に溶け込む新たな文化拠点として先鋭的な活動を展開してきました。その方向性は戦後日本美術と世界美術とのかかわりを明らかにしようとするもので、現代美術に影響を与えた19世紀の美術から日々生み出される現在の新しい表現まで、約8000点に及ぶ充実したコレクションを形成しています。
 このたび、 平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展事業として、豊橋市美術博物館に国立国際美術館コレクションから珠玉の作品がやってきます。現代美術の祖ともいうべきポール・セザンヌ、パブロ・ピカソを皮切りに、マルセル・デュシャン、アルベルト・ジャコメッティ、アンディー・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、イリヤ・カバコフ、リチャード・タトル、草間彌生、高松次郎、奈良美智、といった重要な45作家・55点をご紹介。「みること」をテーマに、平面・ 立体・インスタレーション・映像などの幅広い表現を「イメージと物質」「表層と深層」「可視と不可視」という3つの切り口から自由自在にみていきます。
難解といわれる現代美術ですが、そもそもそれは「芸術とは何か」 について問い直す営みでもあります。芸術への共通認識や価値観に飽き足りず、絶え間なく問うことにこそ現代美術の根幹はあります。この展覧会を通して、私たちの芸術理解を根本から変えてくれる作品に出合い、自由自在にみることの楽しさを発見する機会となれば幸いです。

関連する催し

記念講演会

「見ることをめぐって」

落合多夢《猫彫刻》2007年 撮影:福永一夫 © Tam Ochiai, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

日 時:2/16(土)14:00~   
講 師:山梨俊夫氏(国立国際美術館館長)    
会 場:1階講義室(聴講無料)     
定 員:80名(当日先着順) 


                      

 

キュレーター・トーク

日 時:2019年3月2日(土) 14:00~ 
講 師 :福元崇志氏(国立国際美術館研究員)           
会 場 :本展会場(展覧会観覧料が必要です)
内 容 :本展企画者による会場での作品解説です。現代美術の「わからなさ」をどのように楽しめばよいのか、わかりやすく「わからなさ」を教えていただきます。

親子鑑賞会

日 時:2019年3月9日(土)・21日(木・祝) 14:00~15:00    
対 象:小学生以上(各日定員10名/要予約=2月5日より電話受付)
会 場 :本展会場(展覧会観覧料が必要です)
内 容 :作品を前に楽しくおしゃべりしましょう。「これは何かな?」という疑問から出発し、どっぷり現代美術の楽しさにはまりましょう。大人の方おひとり参加もOKです

ワークショップ「描く目が見る美術」

講 師:青木陵子(本展出品作家)
日 時:3月16日(土) 14:00~16:00                           対 象:どなたでも(定員10名/要予約=2月5日より電話受付)         
参加料=展覧会観覧料が必要です       
会 場 :豊橋市美術博物館講義室
内 容 :会場で多様な作品からインスピレーションを得てドローイング。
その後、作家とともに「小さな美術館」を作ります。

青木陵子 《オブジェクトリーディング》2002–15年 ©Ryoko Aoki

                                                                                                                                                  

 

この記事は2019年02月12日に更新されました。