漫画界のレジェンド 松本零士展

会期 2017年9月2日(土)~10月22日(日)
休館日 月曜日 ※9/18・10/9は開館し10/10は休館
開館時間 9:00~17:00
※初日は正午開館。会期中の金・土・日曜日、祝日は19:00まで。
観覧料

一般・大学生/1000(800)円 小・中・高生/400(300)円
 ※( )内は前売または20名以上の団体料金。

  • 豊橋市敬老バッジ・シルバー優待カードをお持ちの方は無料。
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者は無料。
  • 「ほの国こどもパスポート」(東三河地域在住または在学者対象)をお持ちの小・中学生は無料。

◇相互割引します◇
本展有料チケット(半券可)で「ニッポンの写実 そっくりの魔力」展(会期:9/30~11/12)を半額料金(一般・大学生1000円→500円、小・中・高生400円→200円)でご覧いただけます。その逆の割引も可能です。

 

主催:豊橋市美術博物館、中日新聞社
特別協力:零時社
協力:アートスペース、青幻舎プロモーション

※10月21日(土)、22日(日)は「豊橋まつり」のため、駐車場は使用できません。

 

「零士ファミリー」

「零士ファミリー」  ©松本零士

漫画・アニメ界の巨匠、松本零士 (1938~  )は宇宙を舞台にしたSF作品を数多く手掛け、私たちに夢とロマンを与え続けています。
9歳のころから漫画を書き始め、15歳で「漫画少年」新人王受賞作が掲載されデビューしました。1971年から「少年マガジン」に連載した「男おいどん」が大ヒット。その後「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」など名作を次々と発表し、1970年代半ばから80年代にかけてアニメブームを巻き起こしました。また「宇宙海賊キャプテンハーロック」はフランスやイタリアでも放映され、人気を集めています。
本展では、60年以上にわたる創作活動の歩みを、直筆の漫画原稿やアニメのセル画、立体模型などを通して紹介します。

関連する催し

松本零士来館イベント

トークショー

9/2(土)14:00~
会場:講義室 定員80名 聴講無料 申込締切:8/18(金)必着…①
→終了しました。 

サイン会

9/2(土)15:00~(予定)
会場:講義室
※本展図録購入者に整理券配布(9:00より販売開始、おひとり1冊まで、先着100名)
※図録か、ご持参の色紙のどちらかにサイン可能です。
→終了しました。

田中圭一トークショー

「松本零士へ愛をこめて」
9/9(土)14:00~15:30
講師:田中圭一 (漫画家、京都精華大学准教授)
会場:講義室 定員:80名 聴講無料 申込締切:8/25(金)必着…②
協賛:(株)豊川堂 協力:とよはしまちなかスロータウン映画祭実行委員会
※当日は「炎の祭典」開催が予定されています。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
→終了しました。

「宇宙戦艦ヤマト」

「宇宙戦艦ヤマト」

◇申込方法◇
①②は往復はがきに1.催事名、開催日(併記不可) 2.名前(参加人数分、はがき1枚につき2名まで) 3.住所(郵便番号から) 4.電話番号、返信面にも宛名をご記入の上、当館 (〒440-0801  愛知県豊橋市今橋町3-1 豊橋市美術博物館「松本零士展イベント係」)まで。応募多数の場合は抽選。定員に満たない場合は当日13:00より整理券配布。

ギャラリートーク

「銀河鉄道999」直筆原稿

「銀河鉄道999」直筆原稿

当館学芸員が展示解説します。
9/24(日)、10/12(木)いずれも14:00から
参加費:無料(要観覧料、申込不要)

ミュージアム・コンサート

豊橋交響楽団がアニメやクラシックなどの名曲を演奏します。
10/1(日)13:00~(1時間程度)
参加費:無料(申込不要)
会場:北庭

関連企画

松本零士 特設コーナー
松本零士に関する書籍や資料などを紹介します。また、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の撮影に関するポスターやグッズを、ほの国東三河ロケ応援団の協力により展示します。
9/2(土)~10/22(日)
場所:豊橋市中央図書館
(豊橋市羽根井町48 TEL: 0532-31-3131)

「トラジマのミーめ」直筆原稿

「トラジマのミーめ」 直筆原稿

 

 

 

 

 

 

この記事は2017年10月22日に更新されました。