模型の魅力展-タミヤとファインモールド-

    CHARM OF MODELS: TAMIYA AND FINE MOLDS

会期2016年2月20日(土)~2016年3月27日(日)
休館日月曜日 ※ただし3月21日(祝)は開館し、22日(火)休館
開館時間午前9時~午後5時
観覧料

一般・大学生700(600)円、小・中・高生300(200)円
( )内は前売または20名以上の団体料金。

  • 豊橋市敬老バッジ・シルバー優待カードをお持ちの方は無料。
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者は無料。
  • 「ほの国こどもパスポート」(東三河地域在住または在学者対象)をお持ちの小・中学生は無料。
 

主催:豊橋市美術博物館、中日新聞社
協力:株式会社タミヤ、有限会社ファインモールド

 

1中型戦車完成品(模型展)

中型戦車(木製模型) (1957年、タミヤ)

昭和30年代、まだ模型が木で作られていた日本に、プラスチック製の精巧な模型「プラモデル」が入ってきました。プラモデルは瞬く間に日本中に広まり、国内にも多くの模型メーカーが生まれました。輸入から始まった日本のプラモデルはその品質の高さから、今や世界中で親しまれています。

当初、木材加工業を営んでいたタミヤは、木製模型を手掛けたのち、昭和30年代半ばより再現性にこだわったプラモデルを次々と発表し、模型ファンに支持されてきました。また、ミニ四駆などを生み出し、動く模型の楽しさを伝え続けています。一方、豊橋の模型メーカーのファインモールドは、その綿密な調査と資料収集に基づいた、こだわりの製品づくりが評価されています。

1/500 愛知県庁 本庁舎(2012年、ファインモールド)

1/500 愛知県庁 本庁舎(2012年、ファインモールド)

本展では、(株)タミヤの木製模型、プラモデル、ラジオコントロールモデル、ミニ四駆、ジオラマなど、および(有)ファインモールドのプラモデルや開発資料、ボックスアート(パッケージ原画)などを展示します。模型の歴史をたどりながら、模型文化の魅力を紹介します。

 

1/12 RC ポルシェ ターボ RSR 934レーシング(1976年、タミヤ)

1/12 RC ポルシェ ターボ RSR 934レーシング(1976年、タミヤ)

1/48『風立ちぬ』二郎の鳥型飛行機 (2013年、ファインモールド)

1/48『風立ちぬ』二郎の鳥型飛行機 (2013年、ファインモールド) ©2013 二馬力・GNDHDDTK  企画/スタジオジブリ・ファインモールド  発売/ファインモールド

レーサーミニ四駆 ホットショットJr.(1986年、タミヤ)

1/32 レーサーミニ四駆 ホットショットJr.(1986年、タミヤ)

関連する催し

記念講演会

「模型の歴史とファインモールドの歩み」

2月28日(日)午後2時~3時30分
講師:鈴木邦宏さん(有限会社ファインモールド代表取締役)
定員:80名(先着順) 参加無料

子ども工作教室

スイーツデコレーションを作ろう

マシュマロポップ

マシュマロポップ

3月5日(土)午前10時~10時30分・午前10時30分~11時・午前11時15分~11時45分・午後1時~1時30分・午後1時30分~2時・午後2時15分~2時45分・午後2時45分~3時15分・午後3時30分~午後4時・午後4時~4時30分
定員:各6名(先着順) 参加費:500円

ミニ四駆を作ろう

3月6日(日)午前10時~11時30分・午後1時~2時30分・午後3時~4時30分
定員:各20名(先着順) 参加費:972円

ラジオコントロールカー操縦体験

3月26日 (土) 午前9時30分~午後4時30分(先着順)
会場:豊橋市美術博物館前広場(雨天時変更)  参加無料

ミニ四駆サーキット

ミニ四駆サーキット

ミニ四駆サーキット

会場内に常設したサーキットでミニ四駆を走らせることができます。
※会場を他の催しなどで使用中はご利用いただけません。参加無料

モデラーズクラブ作品展

モデラーズクラブ作品展

モデラーズクラブ作品展

吃水線の会の作品を展示します。
※会場を他の催しなどで使用中はご観覧いただけません。観覧無料

豊橋市職員模型作品展

2月26日(金)~3月14日(月) ※土・日はご観覧いただけません。
会場:豊橋市役所東館1階 観覧無料
市職員の作品を展示します。

関連企画

とよはし模型博inここにこ

展示期間:3月19日 (土)~4月10日(日)
会場:こども未来館内(〒440-0897愛知県豊橋市松葉町3-1 電話番号:0532-21-5525)

この記事は2016年02月26日に更新されました。