歩兵第六十連隊正門

 明治41年(1908)第十五師団を構成する歩兵第六十連隊の正門として建設されました。当初は煉瓦造りでしたが、昭和に入り陸軍教導学校時代に現状の形状で再建されました。現在は愛知大学副門となっています。

歩兵第60連隊正門

歩兵第60連隊正門

「ちずみる豊橋」で場所を確認する

この記事は2017年12月28日に更新されました。