第十五師団長官舎

明治45年(1912)に建てられた師団長官舎で、大正14年(1925)師団廃止後は、陸軍教導学校・予備士官学校の校長官舎として使用されました。洋館に和館が併設されており、洋館が公室、和館が私室として利用されていました。昭和21年(1946)愛知大学の開校後は、学長公舎、教職員の宿舎となり、現在は愛知大学公館となっています。平成14年(2002)豊橋市指定有形文化財に指定されました。

第15師団長官舎1

第15師団長官舎2

「ちずみる豊橋」で場所を確認する

この記事は2017年12月28日に更新されました。