絵葉書「豊橋歩兵第十八聯隊」

明治39年(1906)頃の歩兵第十八聯隊正門(一般に八町営門と呼ばれた。現在の豊橋公園入口)の絵葉書です。木製の門柱の右側には「歩兵第十八聯隊』、左側には「豊橋衛戍病院」の表札が掲げられています。正面の建物は聯隊本部です。絵葉書の真ん中に押されたスタンプには、「明治三十七八年戦役陸軍凱旋観兵式紀念 39-4-30 豊橋」と記されています。明治39年4月30日は、東京の青山練兵場において日露戦争を戦った陸軍各部隊の凱旋観兵式が行われた日で、日露戦争に参加した歩兵第十八連隊のある豊橋でも絵葉書が作成され記念スタンプが押印されたのでしょう。
豊橋歩兵十八聯隊(彩色)

絵葉書「豊橋歩兵第十八聯隊」 明治39年(1906)頃

この記事は2014年05月06日に更新されました。