成川美術館所蔵「現代日本画名品展」

現代日本画

 風光明媚な箱根・芦ノ湖畔をのぞむ成川美術館は1000点を越える現代日本画の収集で知られています。戦後から今日にいたる日本画壇を展望するうえで貴重なそのコレクションは、伝統に立脚しながらも新たな表現を追い求める華やかな個性で彩られています。
 詩情あふれる独自の絵画世界を築き上げた山本丘人のほか、日本画壇を代表する平山郁夫、加山又造、石本正、高山辰雄など31作家の秀作約70点を紹介し、斬新な装飾性で挑んだ花鳥画から雄大なスケールで描く風景画まで、現代日本画の粋を一堂のもとに展観いたしました。

2000年11月17日(金)~12月17日(日)
主催/豊橋市美術博物館・中日新聞社 
協力/箱根・芦ノ湖 成川美術館
入場料/一般800円(600円) 小・中・高生400円(300円)
     *()内前売りまたは20名以上の団体料金

記念講演会

演題/「戦後の現代日本画とその変遷」
講師/村木明氏(美術評論家)
日時/11月18日(土)午後2時~
会場/豊橋市美術博物館1階講義室(入場無料)

ギャラリートーク

11月25日・12月9日(土)両日とも午後2時~(入場券が必要です)

  • 現代日本画
  • 現代日本画

この記事は2014年02月24日に更新されました。