研究紀要

※非売品となっております。当館および市立図書館等で閲覧いただけます。
 最新号はPDFで公開しています。

21号(2021年 3月)

20号(2017年 3月)

  • 年貢関係文書から見る大脇新田
    久住 祐一郎(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 財賀寺所蔵『大般若経』の調査記録
    鶴田 知大(美術博物館嘱託員)
  • 灰釉陶器椀の施釉範囲の変遷に関する一考察①-猿投窯における様相-
    中川永(文化財センター嘱託員)
  • 嵩山の新穴調査資料の紹介
    村上 昇(文化財センター学芸員)

19号(2015年 3月)

  • 史料紹介 新収蔵の戦国期資料-石田次郎兵衛関係文書-
    鶴田 知大(美術博物館嘱託員)
  • 新出の二川宿問屋文書について
    久住 祐一郎(二川宿本陣資料館学芸員)
  • にぎわった昔の前芝海岸を探る~新城市七郷一色地区のアンケート結果より~
    加藤 正敏(みなと塾代表)
  • 磯辺大塚古墳の昭和46年調査
    芳賀 陽(日本考古学協会員・元市教育委員会嘱託員)
  • 鳥浜貝塚から出土した多縄文土器とその年代測定値(3)
    村上 昇(文化財センター学芸員)・遠部 慎(北海道大学埋蔵文化財調査室研究員)
  • 嵩山蛇穴における基礎的研究・その1-調査研究史の整理と自然遺物の分析-
    畑山 智史(埼玉大学大学院文化科学研究科博士課程)・遠部 慎(北海道大学埋蔵文化財調査室研究員)・村上 昇(文化財センター学芸員)
  • 曽宮一念、山本丘人-2人の画家に共通する文人精神
    金原 宏行(美術博物館館長)

18号(2013年 3月)

  • 吉田藩主松平信明の正室宛書状について
    久住 祐一郎(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 牟呂八幡宮の祭事と神事相撲
    森田 勝三(牟呂史研究会代表)
  • 橋良遺跡における弥生時代中期後葉の土器変遷
    村上 昇(美術博物館学芸員)
  • 大蚊里貝塚資料報告-豊橋市美術博物館蔵資料紹介-
    松本 泰典(美術博物館非常勤嘱託員)・加藤千茶子(自然史博物館学芸員)・安井謙介(自然史博物館学芸員)
  • トケコマン?トケコミン!~「現代美術展inとよはし」の開催をめぐって~
    大野 俊治(AICHI ART PROGRAM「現代美術展inとよはし」キュレーター・美術博物館主任学芸員)

17号(2011年 3月)

  • 森田家文書解説・目録
    久住 祐一郎(美術博物館非常勤嘱託員)
  • 金子藷山と鎌子家
    鈴木 健(豊橋歴史研究連絡協議会・東三河戦国史愛好会代表・設楽原をまもる会理事)
  • 資料集成 三河の旧石器時代、縄文時代草創期~前期の遺跡
    村上 昇(美術博物館学芸員)
  • 豊川左岸における前・中期小型墳の様相
    岩原 剛(美術博物館学芸員)
  • 豊橋市の野球場~建設背景と歴史~
    高橋 洋充(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 中村正義に纏わるエピソード
    大野 俊治(美術博物館主任学芸員)

16号(2009年 3月)

  • 多米特合長者考
    東郷 公司(豊橋歴史研究連絡協議会・三遠地方民俗と歴史研究会)
  • 今下神明社古墳出土の馬具~三河における古墳出土遺物の研究(Ⅳ)~
    岩原 剛(美術博物館学芸員)
  • 近接する異分野2館の来館者アンケート結果比較検討~二川宿本陣資料館「妖怪道五十三次展」と自然史博物館「シーラカンス展」
    高橋 洋充(二川宿本陣資料館学芸員)・坂本 博一(自然史博物館学芸員)
  • 鳥浜貝塚から出土した多縄文土器とその年代測定値(2)
    村上 昇(美術博物館学芸員)・遠部 慎(北海道大学埋蔵文化財調査室研究員)

15号(2007年 3月)

  • 「吉田藩士屋敷図」の書誌的考察
    和田 実(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 笠間稲荷神社所蔵『関宿吉田延岡諸書物扣諸絵図扣』
    高橋 洋充(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 吉田藩・町郡方御用留帳断片について-旧渥美郡赤羽根町高松一色神社襖下貼文書-
    尾嵜 信之(豊橋歴史研究連絡協議会・豊橋中央図書館古文書の会)
  • 浄慈院所蔵「多聞山日別雑記」の解題について
    山澄 和彦(豊橋歴史研究連絡協議会・多聞山浄慈院住職)
  • 渥美半島における横穴式石室の展開-田原市城宝寺古墳・新美古墳の実測成果から-
    岩原 剛(美術博物館学芸員)
  • 絵画名品100選展における「BEST10」投票結果について
    丸地 加奈子(美術博物館学芸員)
  • 発見された中村正義の絵
    大野 俊治(美術博物館主任学芸員)
  • 東北美術紀行-地方の美術館力をさぐる-
    金原 宏之(美術博物館館長)

14号(2005年3月)

  • 日本古典の装訂について
    藤井 隆(美術博物館館長)
  • 東三河昭和初期の芭蕉句碑について-拓本を基にした考察-
    豊田 俊充(豊橋歴史研究連絡協議会・三遠地方民俗と歴史研究会)
  • 有泉大学助勝重について
    有泉 平八郎(豊橋歴史研究連絡協議会・三遠南信地域を学ぶ会・東三河戦国史愛好会)
  • 長野県のカルタ
    松岡 敬二(豊橋市自然史博物館学芸員)
  • 白星山太陽寺について-採集資料からみた東三河の山林寺院-
    岩原 剛(美術博物館学芸員)

13号(2004年3月)

  • 牛川稲荷社〔豊珠稲荷〕と奉納和歌
    藤井 隆(美術博物館館長)
  • 資料紹介 旧馬越村某家所蔵「瓦株證文関係文書」
    後藤清司(美術博物館学芸員)
  • 明治時代に世界を歩いた冒険家 -中村直吉が見聞した世界の国々-
    川瀬芳彦(美術博物館嘱託)
  • 資料紹介 豊橋市美術博物館所蔵森田家文庫『三河国古城古屋敷之記』
    高橋洋充(二川宿本陣資料館学芸員)

12号(2003年3月)

  • 草鹿砥宣隆の学問研究
    藤井 隆(美術博物館館長)
  • 姫塚と段塚-三河における古墳出土遺物の研究(Ⅲ)-
    岩原 剛(美術博物館学芸員)
  • 大沢A-2号窯出土緑釉の鉛同位体比分析結果
    斉藤 努(国立歴史民俗博物館助教授)
  • 教科書の中の丸山薫 -作品とその魅力-
    川瀬芳彦(美術博物館嘱託)

11号(2002年3月)

  • 吉田藩御用達松坂家 幸平春英上京日記について -戊辰戦最中の上京と大和御陵巡拝-
    藤井 隆(美術博物館長)
  • 北長尾3号墳出土象嵌装大刀の保存科学的調査
    尾崎 誠(元興寺文化財研究所)
  • 北長尾3号墳出土の象嵌装大刀 -三河における古墳出土遺物の研究(Ⅱ)-
    岩原 剛(美術博物館学芸員)
  • 豊橋市近世民俗資料調査委員会の歩み -研究の成果と提言-
    川瀬芳彦(美術博物館嘱託)

10号(2001年3月)

  • 近世吉田三画人 石峰・文笠・圭岳伝新考 -資料捜査による新事実-
    藤井 隆(美術博物館長)
  • 展覧会批評「豊橋の寺宝Ⅰ 東観音寺展」
    増山禎之(田原町博物館学芸員)
  • 「とよはし歴史探訪」の現状と課題 -応募アンケートと城郭めぐりを一事例として-
    高橋洋充(美術博物館学芸員)
  • 豊橋市車神社古墳について -三河における古墳出土遺物の研究(1)-
    岩原剛・磯村愛子(美術博物館学芸員・富山大学OB)
  • 資料紹介 豊橋市立西郷小学校保管の須恵器について
    小林久彦(美術博物館学芸員)
  • 大口喜六殴打事件 -その政治的背景と事件の顛末-
    川瀬芳彦(美術博物館嘱託)
  • 東三河の郷土玩具と工人系譜(抜粋)
    中島三郎(美術博物館嘱託)

9号(2000年3月)

  • 吉田藩御用達 松坂重賜日記について -江戸後期藩御用達の生活-
    藤井 隆(美術博物館長)
  • 往来手形について
    大須賀哲夫(美術博物館嘱託員)
  • 東海道二川宿における旅籠屋と飯盛女
    三世善徳(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 豊橋魚町の能面の収納箪笥に付された目録について
    増山真一郎(美術博物館学芸員)

8号(1999年3月)

  • 比較された東海道吉田宿 -その特色と名物の評価-
    藤井 隆(美術博物館長)
  • 吉田城絵図Ⅳ -地震破損図-
    高橋洋充(美術博物館学芸員)
  • 近世前期東海道宿駅に対する幕府助成金穀について
    三世善徳(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 青年学校沿革史資料補遺
    大須賀哲夫(美術博物館嘱託員)

7号(1998年3月)

  • 一宮町徳大遺跡出土の土師器について-古墳時代後期の大型台付甕を共伴する好例-
    小林久彦(教育委員会文化振興課)
  • 三河土人形考察
    吉見久之(美術博物館嘱託員)
  • 青年学校の沿革について -設立と終末事情の考察-
    大須賀哲夫(美術博物館嘱託員)

6号(1997年3月)

  • 『三河国吉田名蹤綜録』と恩田石峰
    後藤清司(美術博物館学芸員)
  • 吉田城絵図Ⅲ -屋敷割のされた絵図を中心に-
    高橋洋充(美術博物館学芸員)
  • 『三河国吉田名蹤綜録』の著者 山本貞晨に関するノート
    増山真一郎(美術博物館学芸員)
  • 東海道二川宿に見る人馬賃銭の割増
    三世善徳(二川宿本陣資料館学芸員)

5号(1996年3月)

  • 資料紹介 渡辺崋山筆『寓絵堂日録』
    後藤清司(美術博物館学芸員)
  • 戦時下の町内会活動 -小浜町内会日記-
    増山真一郎(美術博物館学芸員)
  • 吉田城絵図Ⅱ-『主図合結記』系統の絵図を中心に-
    高橋洋充(美術博物館学芸員)
  • 資料紹介 『豊橋ハリストス正教会教会誌』Ⅳ
    秦 基(二川宿本陣資料館長)
  • 三河国吉田領青竹新田-その開発と経営-
    三世善徳(二川宿本陣資料館学芸員)

4号(1995年3月)

  • 二川宿本陣利用の一時例 -御宮公家の場合-
    伊奈利定(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 二川宿における文書の管理と伝来
    和田 実(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 吉田城絵図
    高橋洋充(美術博物館学芸員)
  • 資料紹介 『豊橋ハリストス正教会教会誌』その三
    秦 基(二川宿本陣資料館長)

3号(1994年3月)

  • 豊橋地方に於ける学徒勤労動員 -国民学校児童を中心として-
    兵東政夫(美術博物館長)
  • 資料紹介 『豊橋ハリストス正教会教会誌』その二
    秦 基(二川宿本陣資料館長)
  • 海苔作りの四季と道具
    山本善次(美術博物館嘱託員)

2号(1993年3月)

  • 竹内コレクションに見る東三河画壇の動向(その二) -小華以後から現在まで-
    後藤清司(美術博物館学芸員)
  • 資料紹介 『豊橋ハリストス正教会教会誌』
    秦  基(二川宿本陣資料館長)
  • 二川宿問屋場についての覚書
    和田 実(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 山下りんの画蹟-豊橋ハリストス正教会のイコンについて-
    丸地加奈子(美術博物館学芸員)

創刊号(1992年3月)

  • 竹内コレクションに見る東三河画壇の動向(その一) -江戸末期から明治期前半の渡辺小華の登場まで-
    後藤清司(美術博物館学芸員)
  • 俳人馬場梅士覚書-二川宿俳諧略史-
    伊奈利定(二川宿本陣資料館学芸員)
  • 二川宿における助郷の変遷 -天保期の増助郷・宿助郷を中心として-
    三世善徳(二川宿本陣資料館学芸員)
  •  竹内コレクション「本坂道三方原回路図」について
    増山真一郎(美術博物館学芸員)
  • 古墳の占地(Ⅰ) -三河・遠江地域における前方後方墳からの視界に注目して-
    小林久彦(美術博物館学芸員)
  • 西之山式土器に対する一考察 -無突帯・刻目土器の変遷を中心に-
    岩瀬彰利(美術博物館学芸員)
  • 竹内コレクション目録

この記事は2021年07月06日に更新されました。