「ジャングル大帝」音楽会と上映

 

手塚治虫「ジャングル大帝 」©手塚プロダクション

 マンガ「ジャングル大帝」は手塚治虫が人間と動物の関わりなどを描いた大河ドラマであり、『漫画少年』(1950年11月号~54年4月号)に連載された後、1965年には国産初のカラーテレビアニメシリーズとして放送が始まりました。同アニメの楽曲は冨田勲が手がけ、アフリカを舞台とする壮大な交響詩として知られています。
 この交響詩の原譜が失われていたことから、1986年に豊橋交響楽団がレコードからの採譜を依頼し、冨田の監修を経て復元されました。同年には「幻の名曲、今ここによみがえる」と題して演奏会が行われています。
 このたびのイベントでは豊橋市美術博物館で開催する「手塚治虫展」(10/3-11/23)の関連イベントとして、豊橋交響楽団と縁ある「ジャングル大帝」を取り上げます。同楽団メンバーによる手塚アニメのテーマ曲の演奏のほか、クラシック音楽にも精通していた手塚治虫の好んだ作曲家などを取り上げます。また上映するアニメ映画は、1966年に公開され、翌年ヴェネチア国際映画祭でサンマルコ銀獅子賞を受賞した劇場版「ジャングル大帝」をご覧いただきます。
 「ジャングル大帝」が誕生して70年というこの節目の年に、音楽と映像双方から手塚作品をお楽しみいただく機会となれば幸いです。

                   概要

日時11月22日(日) 14:00-16:00(13:30開場)
※チラシに15:30終了と記載しましたが、プログラムに変更があったため上記を終了予定といたします。ただし、終了時間は目安であり、前後する場合がありますのでご了承ください。
会場公会堂 ※当日は市役所駐車場使用できません。公共交通機関をご利用ください。
定員=400名(要申込・先着順)※半数の200人の予定でしたが、受入を増やしました。
対象「手塚治虫展」観覧券をお持ちの方(観覧後の半券も可)のほか、以下の所持者を対象とします。
「美術博物館友の会会員証」「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」
「ほの国こどもパスポート」「豊橋鉄道セット(当日券引換券)」

※上記を所持していない場合は、当日観覧券(一般1000円/小中高生500円)を受付でお買い求めください。
申込=10月6日(火) 午前9時より美術博物館の電話(0532-51-2882)定員に達したため受付は終了しました
 

                内容

◆豊橋交響楽団演奏
 ・「鉄腕アトム」(金管5重奏)
 ・ 「ジャングル大帝」(金管5重奏)
 ・「チェロとコントラバスの2重奏」モーツアルト
 ・「弦楽セレナーデ」チャイコフスキー
   ※演奏内容は変更になる場合があります。
◆アニメ上映「ジャングル大帝」(劇場版・75分)

この記事は2020年10月14日に更新されました。