手塚治虫展


17歳のデビューから60歳でこの世を去るまでの43年間にわたり、第一線の作家として活躍し続けた手塚治虫(1928-89)。「マンガの神様」と称されてきた手塚の生み出した多様な作品や魅力的なキャラクターたちは、没後30年を経た今も日本はもとより世界中の人々から愛され続けています。子供から大人までを対象とした幅広いジャンルの作品には、作家が生涯問い続けた人間や生命の根源に関わる深いテーマやメッセージが込められ、昭和・平成・令和という時代の移り変わりとともに、新たな事態に直面する現在においても普遍的な輝きを放っています。

本展は、マンガ家・手塚治虫誕生から「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「火の鳥」「ブラック・ジャック」などの代表作を生み出した足跡を紹介するとともに、ストーリーマンガの確立、アニメーションへの挑戦など、多様な視点でその業績を振り返るものです。生涯に手がけた約15万枚に及ぶ原稿から厳選した約300枚と、映像・資料・愛用の品々なども合わせて紹介し、手塚作品の歴史をたどるとともに、作家が未来へ託したメッセージを読み解きます。

画像上から「鉄腕アトム」「火の鳥」「ブラック・ジャック」©手塚プロダクション

会期10/3(土)~11/23(月・祝)  月曜休館(11.23は開館)
   9:00-17:00(初日は正午開館/入場16 :30まで)
会場豊橋市美術博物館 1階1~3・特別展示室
主催:豊橋市美術博物館・中日新聞社
企画制作:株式会社手塚プロダクション 制作協力:東映株式会社
協力:豊橋鉄道株式会社・とよはしまちなかスロータウン映画祭・
「TEZUKA2020」プロジェクト・
キオクシア株式会社
観覧料
:一般・大学生 1000(800)円  小・中・高生 500(400)円 
※( )内は前売、または20名以上の団体料金。前売券は豊橋市美術博物館、豊橋市二川宿本陣資料館、豊橋市役所じょうほうひろば、ファミリーマート、セブン-イレブン、チケットぴあで10月2日まで販売。(Pコード685-371)
※「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」のいずれかをお持ちの方と介助者1名は無料。
※「ほの国こどもパスポート」をお持ちの東三河地区の小中学生は無料。
※豊橋市在住70歳以上の方は割引料金(500円)。
※「豊橋鉄道セット割引」市電1日乗車券+本展当日観覧券=一般1000円・中高生700円・小学生500円(豊橋鉄道「新豊橋駅」「市内線営業所」で販売)

イベント情報はこちらから

この記事は2020年09月15日に更新されました。