工事休館のお知らせびはくクロージング・イベントを開催します!豊橋市美術博物館 公式ツイッター
豊橋市美術博物館 公式インスタグラム
豊橋市美術博物館 公式フェイスブック
  • とよはしアーカイブ
  • 刊行物のご案内
  • ネオ こすたりか ミュージアムカフェ
  • 豊橋市美術博物館のSNS(Twitter,Facebook,Instagram)
  • 2022年度のご案内<工事休館のお知らせ>

コレクション展

  • 2階第5展示室(考古)

    三ツ山古墳

    6世紀前葉に築かれた前方後円墳の三ツ山古墳は、三河湾沿岸に影響力を持った豪族の墓です。 発掘調査の出土品をもとに、三ツ山古墳の特徴を紹介します。

    第5室出品リスト

    台付蓋付壺(三ツ山古墳出土)

  • 2階第4展示室(近世絵画)

    文笠と拳山

    幕末期に吉田画壇の中心で活躍した稲田文笠と、その弟子で独自の画風を築いた鈴木拳山の作品を、涼しさを感じられる山水図を中心に紹介します。

    第4室出品リスト

    鈴木拳山《神州奇観図》1906年

  • 2階第3展示室(陶磁)

    やきものコレクション

    陶磁器のコレクション内容に触れながら、当館の優品を紹介します。 びはく講座(12/18、二川宿本陣資料館)関連展示。

    第3室出品リスト

    青磁桔梗口双耳花瓶(中国)司コレクション

  • 2階第2展示室(写真)

    水越武「ヒマラヤ」

    山岳写真家として出発した水越が最高峰に挑んだ「ヒマラヤ」シリーズから10点を紹介します。 写真家の眼を通して聖地ヒマラヤの峻厳な山並や氷河を巡ります。

    第1,2室出品リスト

    水越武《ホーク(インド)》1979年

  • 2階第1展示室(写真)

    水越武「森林列島」

    豊橋出身の自然写真家・水越武の代表作「森林列島」から20点を紹介します。 沖縄から北海道まで、多彩で豊潤な日本の森林風景と生態系をご覧ください。

    第1,2室出品リスト

    水越武《ウスコモンサンゴ・石垣島》1997年

  • シンボル展示(絵画)

    新収蔵作品

    令和3年度収蔵資料より、郷土画家の伊藤正男と竹尾文夫の作品を紹介します。

    竹尾文夫《鳩車》

前へ

    次へ


    企画展

    • 予告 びはく移動展II Life is Journey

      近世から近現代までの歴史・美術コレクションより、各学芸員イチオシの「旅」にちなむ絵画や工芸品をご紹介します

      ●11.26[土]~1.9[月・祝]
      ●場所:二川宿本陣資料館
      ●入館料:一般 400(320)円/小中高生100(80)円
      ※()内は30人以上の団体料および前売料金
      旅は生きる上での楽しみであり、日々の暮らしや人生に活力を与えてくれます。また、人生そのものを旅になぞらえるならば、私たち誰もが旅人ともいえるかもしれません。
      ◎二川宿本陣資料館はこちらから

      冨安昌也《ドブロブニクの昼下がり》1989年

    • 終了 びはく移動展I こわい絵 IN HONJIN

      この夏、二川宿本陣資料館にコレクション選りすぐりの「こわい絵」が出張します

      ●7.2[土]~8.28[日]
      ●場所:二川宿本陣資料館
      ●入館料:一般 400(320)円/小中高生100(80)円
      ※()内は30人以上の団体料および前売料金
      妖物を描いた浮世絵から近代のシュールな幻想絵画まで、古今の「こわい絵」を集め、「こわさ」から作品を読み解くことで、秘められた物語や作者の想いに迫ります。異世界に変貌した本陣でひと夏の冒険をお楽しみください。
      ◎二川宿本陣資料館はこちらから

      チラシのダウンロード(PDF:304KB)

      中村正義《舞妓》1974年

    前へ

      次へ