国指定記念シンポジウム「国指定天然記念物と葦毛湿原」を開催します(7/9)

最終更新日 2022年06月20日

 葦毛湿原が令和3年 10 月 11 日に国指定天然記念物に指定されたことを記念して、「国指定天然記念物」とは何かを解説し、葦毛湿原の価値について紹介します。

 ◆日 時:7月9日(土) 12:30 開場、 13:30 開演
 ◆会 場:豊橋市公会堂(八町通二丁目 22 番地
 ◆参 加:定員 600 人(先着順)、資料代 100 円
 ◆講 師:田中厚志 さん(文化庁文化財調査官)
      富田啓介 さん(愛知学院大学准教授)
      贄 元洋 (豊橋市文化財センター)

 国内最大級の湧水湿地であり、豊かな種類の植物に恵まれた葦毛湿原は、わが国を代表する文化財として国指定天然記念物になりました。専門家が葦毛湿原の評価ポイントを分かりやすく解説します。また、シンポジウムでは、平成 25 年度から市と豊橋湿原保護の会などのボランティアが取り組んできた大規模 植生 回復作業の歴史をたどり、自然再生や植生回復をどのように行うべきかについて 、未来に向けた意見交換や今後の展望をお伝えします。

   

 葦毛湿原_国指定記念シンポジウムチラシ